はじめに

2020年春、新型コロナウイルスの影響やその他の要因で人々が外出しない日々が続いています。

 

これにより、来客数が落ち込んで仕事にならないという自営業者の方が急増しています。

 

経済産業省や国の機関の統計では到底追いつかないほど、急速なスピードで商売に悪影響が出ている経営者の方が増えているのです。

 

給付金や救済措置などもまだまだ具体的な情報が出ておらず、不安の中で生活されている方も多いでしょう。

 

このレポートは一人でも「諦めてしまう社長さん」を減らすために作られたものです。

 

このレポートを作った私、そしてこのレポートをお読みいただいている社長さん、そして、レポートを社長さんに送った紹介者の方、みんなで力を合わせて乗り越えましょう。

 

社長、御社のお仕事も少し工夫すれば、必ずオンラインで稼げるようになります。

 

少なくとも、オンライン化を進めることで、少しは物事が良い方向に進みます。

 

このビジネスオンライン化マニュアルをお読みいただき、少しでもオンラインでお仕事を獲得できる社長さんが増えますように。

 

2020年春

藤木 美香(みかにょ☆)

テレワークとは?

最近声高に叫ばれているテレワーク。どんなものでしょう?

 

テレワークは、電話のテレフォンから来ているのではありません。

 

テレ(遠隔という意味)+ワーク(仕事)=テレワークです。

 

つまり、離れたところで仕事をするのがテレワークです。

 

オンラインの仕組みを使えば、離れたところで仕事ができます。

 

緊急事態宣言で、テレワークを導入する企業もさらに増えそうですね。

 

テレワーク導入に大きく資金が必要ということはありません。

 

今お使いのスマホで指示をする、ビデオ通話をすることも可能です。

 

無理と思わず、取り入れることを検討してみることを考えてみましょう。

Zoomのユーザー数も増加の一途

テレワークやオンライン会議でよく使われる「Zoom」というソフトがあります。

 

もともと、そこまでユーザー数は多くありませんでした。

 

一部のコンピューター系企業や、インターネットの専門の会社の人達が使う印象が大きかったようです。

 

昔から夢のアイテムだった「テレビ電話」が、超高性能になったイメージで大丈夫です。

 

とにかく、カメラをオンにすれば相手の顔を見ながら話ができますし、カメラをオフにして電話のように使うこともできます。

 

しかも、インターネットの環境さえあれば相手側との通話料は無料です。

 

そして、オンラインでの会議やミーティングが必要になった今回の新型コロナウイルスの影響で、そのユーザー数は従来の20倍、1000万から2億ユーザーまで大幅に伸びました。

 

つまり、今オンライン上にはオンライン会議に参加できる人たちが2億人いるのと同じことです。

ZOOMの使い方は記事の最後に
参考になりそうなブログをご紹介しておきますね!

 

YouTubeも満員で入場制限?

ところで、YouTube。

ご覧になるでしょうか?

 

最近は芸能人でもYouTubeのチャンネルを持つことが「当たり前」となりました。

 

何年か前までは「YouTubeはアマチュアが使うおもちゃ」というイメージがありましたが…

 

今やYouTubeの方に多くの制作費をかける映像制作会社やテレビ番組の制作会社も増えています。

 

むしろ、テレビ番組の制作会社がYouTube番組を作るというケースも増えてきています。

 

そんな世界的に技術革新や芸能人などの進出が目覚ましいYouTubeですが、現在、ほとんど満員御礼状態が続いています。

 

あまりにも同時アクセスが集中しすぎて、初期設定のままだと見られる動画の品質が少し落ちてしまっています。

 

それくらい、YouTubeにアクセスが集中しているのです。(※見る側が設定すれば、後から高品質モードに戻すことも可能です)

 

人々はオンラインに溢れている

 

オンライン会議のZoomには2億ユーザーが溢れ、

 

YouTubeは再生制限がかかるほど人が集中している。

 

このように、新型コロナウイルスで外出自粛や「#Stayhome」(家にいよう)というキーワードが全世界で話題になっている昨今、人々は街に出る代わりにオンライン上にあふれています。

 

そして、ビジネスマンは仕事のためにオンライン会議に参加したりYouTubeでの集客活動を行い、ビジネスマンでない一般消費者の方々は、自宅で芸能人が出演しているYouTubeビデオなどを視聴しています。

 

つまり、ほとんど「昭和の民放」と同じ水準で人がオンライン上に集まって、コンテンツを見ているのです。

 

これだけの人がいるのですから、社長さんのビジネスもYouTubeやオンライン会議を駆使することにより、今までにはリーチし得なかった客層に出会うことができるのではありませんか?

 

また、商売は情報発信とお客様との双方向のコミュニケーションがとても重要です。

 

これはどんな業種でも同じことが言えるでしょう。

 

オンラインでも、双方向のコミュニケーションと情報発信をバランスよく行うことができます。

 

まずはYouTubeで情報発信しましょう。

 

社長さんの知っていることや業界のノウハウ、意外と知られていない「あんなことやこんなこと」を情報のパッケージとして放送したらどうなるでしょう?

 

きっと、多くの人が社長さんの動画に興味を持つでしょう。

 

そして興味を持ったお客さんとは、社長さんが直接Zoomなどを使ってオンライン面談を行うと、双方向のコミュニケーションが完成します。

 

時には、多くのお客さんや見込み客たちにYouTubeライブ生放送を使って、広くコミュニケーションをとることもできます。

 

「価値の無いものに価値がつく」とは?

あなたが価値がないと思い込んでいる専門的知識は、実は宝です。

 

これを言ってもなかなかピンとこない方が多かったり、もしくは何度説明しても理解して頂けないのですが笑、自営業者の方は、基本的に一つのビジネスに対するプロフェッショナルです。

 

少なくとも、お客さんより商品知識や業界に関するノウハウをたくさん知っています。この情報そのものに実は大きな価値があります。

 

例えば、電気工事関係のご商売をされている社長さんは、お客さんからテレビの映りが悪いと言われればまずは電源関係がどうなっているか、受信状態はどうなっているか、など色々と原因の切り分けを行うでしょう。

 

それが仕事の流れとして当たり前だからです。

 

しかし、一般のお客さんはどうでしょうか?きっと、コンセントが入っているかどうかくらいは確認するでしょうが、それよりも先の専門的な原因の切り分けはできません。知識がないからです。

 

しかし、社長さんが動画でそういったことに対する知識をお客さんに提供できたとしたら?

 

少なくともお客様はその場でテレビがどのような状態なのか理解できるでしょう。

 

つまり問題が一つ大きく前進するわけです。

 

また、電源まわりのトラブルだけで対処ができるなら動画の情報だけでOKですが、専門的な修理が必要な場合、社長さんのところに宅配で修理の依頼が来るかもしれません。

 

なぜなら、動画を見てテレビの故障の原因を探った視聴者の方にとって、社長さんはひとまず自分のテレビを見てくれた人だからです。

 

つまりこの人なら自分が抱えている問題の解決ができるかもしれないと視聴者は認識しています。

 

ここに大きなビジネスチャンスがあります。

 

人は皆、専門知識を持っている人に問題の解決を依頼したくなるものです。

 

少なくとも、どれくらいの知識を持っているかわからない人に依頼はしないでしょう。

 

外に出歩けるなら、テレビを担いでどこか地域の電気屋さんに持ち込むこともあるでしょうが、今はオンライン全盛の時代ですし、みんな外出自粛で自宅にいます。

 

だからこそ、オンラインにビジネスチャンスがあるのです。

自営業者向け・オンライン化の手引き

自営業者でも、オンラインで集客が可能であることをご紹介いたしました。

 

しかし「オンラインで仕事ができることは分かったけれど、何からどう始めて良いか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

 

自営業者の方向けに、お仕事のオンライン化の手引きをご案内いたします。

 

まずは、今のご商売をオンラインで見せるために少し調整していきましょう。

 

オンラインで宣伝活動を行うには、まずはご商売のコンセプトを洗い出していきましょう。

 

コンセプトを洗い出す方法は様々ありますが、ここでは私、藤木美香が実際の有料コンサルティングでも使用している方法をご紹介します。

コンセプトが決まる「3つの質問」

これから、社長さんに三つの質問を致します。それぞれの質問の答えをメモに書き出してみてください。

 

スマートフォンのメモアプリでも、結構です。

 

質問1:誰に社長さんの情報を伝えたいですか?(常連顧客を思い出して書き出してみましょう)

 

常連顧客の年齢・性別・職業・趣味・雰囲気などなど、社長さんのもとによく集まる「常連さん」の情報をまずは書き出してみましょう。

 

これにより、オンラインの集客でもどのような人たちにアプローチすべきかが、浮かび上がります。

 

質問2:その人たちの「悩み」はどんなことですか?

 

常連さんのお悩みや、常連のお客様からよく持ち込まれる相談やお仕事の依頼、その他、注文される内容を書き出してみてください。

 

いわゆる、社長さんが普段から仕事でよく請け負う内容です。これを書き出すことにより、先ほどの集客対象にプラスして、その集客対象にどんな価値を提供すれば良いか?が浮かび上がります。

質問3:なぜ、お客様はあなたのもとに来てくれてますか?

 

「~~だから社長さんに頼むんですよ~。」

 

など、社長さんに普段依頼をするとき「決め手」になるものが必ずあります。そのお客様の決め手にはどのようなものがあるとお考えですか?

 

社長さんの常連客になりきって、考えてみてください。

 

・サービスが丁寧だから

 

・商品知識が豊富だから

 

・軽快なトークでいつも楽しくやりとりができるから

 

・社長のところにしかない製品が手に入るから

 

・入手の難しいパーツでも仕入れてきてくれるから

 

などなど、社長さんだからこその強みは常連客が一番よく知っています。

 

もちろん、常連さんに聞いてみるのも良いでしょう。

 

とにかく、社長さんの商品が売れる大きな理由をまとめていきましょう。

 

これをもとに、オンラインで発信するテーマを決めていきます。

 

市場リサーチに進むには?

先ほどのステップで社長さんの強みやお客様への提供できる価値が洗い出されました。

 

続いて、お客様がどんな所にいるのか、YouTube集客でもどんな価値提供をしていけばよいのかなど、お客様のお悩みなどを中心に市場リサーチをしていきましょう。

 

ひとまずは、リサーチはそこまで難しいものでもありません。もちろん私たちプロがお手伝いをする際にはもっと詳細なリサーチを行いますが、社長さんでも気軽にできる方法があります。

 

例えば、Googleで社長さんのご商売に関連するキーワードを検索してみたり、その他、YouTubeで似たようなお悩みを持っている人に対する動画が出ていないかチェックすることもできるでしょう。

 

その他、Yahoo知恵袋などはお悩みが多く集まっていますので、似たようなお悩みを検索し、そのお悩みに回答できるような制作を行うのも一つの方法です。

 

もちろん、単純に社長さんの強みや商品の紹介を行うだけでは、視聴者はついてきません。

 

何をユーザーから求められているのか?という内容と、社長さんが情報発信で伝えていきたいことのバランスはとても重要です。

 

このバランスをとるのが一番難しいと言っても良いかもしれません。

 

ですが、一旦オンラインで情報発信と価値提供が始まれば、視聴者さんはいつしか濃い見込み客や社長さんのファンに変わります。

 

ご存知の通り、新規のお客様に商品を売り込むのはとても難しいことです。これは、10年以上トップ営業として現場を見てきた私も断言できます。

 

だからこそ、まずはオンラインで社長さんのファンを作りましょう。

 

そして見込み客を作りましょう。

 

全国で社長さんの技術や知識を求めている方に、価値提供をしていきましょう。

 

そうすることで、少しでも経済を回していきましょう。

 

今は、少しでも経済を回すことが何よりも重要です。

 

そして、何かとお元気のないお客様に、社長さんの元気を分けてあげましょう!

 

Web集客は、古くから文章での売り込みがほとんどでした。

 

インターネット回線が昔は遅くて、動画や写真を瞬時に届けることができなかったという歴史的な背景もあります。

 

しかし、今時代は5Gが到来しています。

 

めちゃくちゃ回線が早いので、動画でも写真でも、瞬時に相手に届けられます。

 

そして、オンラインでテレビ電話のように、ストレスなく相手の人とお話をすることもできます。

 

動画やオンラインは、エネルギーが相手に伝わります。

 

またお客さまのエネルギーも、社長さんに伝わります。

 

だからこそ今、社長さんのアナログのご商売を、オンラインというフィールドに広げていきましょう。

さいごに

今回ご紹介してきた方法を使うことで、社長さんがどんな方向性でオンラインを土俵にしてゆけば良いかが分かります。

 

少しでも、社長さんのお仕事に役立ちますように。

 

そしてお一人でも、社長さんの手で価値提供が出来るお客様とマッチングができますように。

 

そんな願いを込めて、今回のレポートを終わりにしたいと思います。

 

この度は最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

2020年4月

緊急事態宣言前夜の東京より

藤木 美香

 

追伸:私と直接繋がりませんか?

Facebookは友達が多いので、申請の際に一言「オンラインの手引を見ました」とメッセージをいただけると嬉しいです。

藤木美香のFB

 

●LINE@でも、繋がれます^^

友だち追加

LINE@でつながったら、ぜひスタンプをください。

スタンプをもらえると、私が直接チェックしてプレゼント音声

「勘違いしやすいYouTube失敗例3選」

をお渡しします。

 

ZOOMの使い方はブログを参考にしてみてください(今回は、緊急で出したので、使い方までかけませんでした。)いいブログたくさんありますね^^

web会議ツール「Zoom」とは?使い方1から解説します